骨盤矯正体操 -骨盤をひらく-

スポンサードリンク

骨盤は12時間周期で開閉を繰り返しています。夜から朝にかけて徐々に閉まっていき、朝起きる頃にピークを迎えます。

夜、体全体がリラックスした状態にある時、骨盤もリラックスしてゆるんでいます。そこでおすすめなのが、夜寝る前に骨盤をひらく体操です。

1.床にあおむけに寝ます。体の力を抜きましょう。
(緊張のある時は、体リラックスの方法でご紹介した【ゆるめる】【ほぐす】【伸ばす】体操で、緊張をほぐしてあげましょう。)

2.くるぶしを床につけるようにして、足を外側に開きます。

3.大きく深呼吸をして、呼吸を整えます。

4.息を吸いながら、足先を外に向けたまま、両足を床から30cm程のところまで上げます。

5.息を吸いきったら、そのまま脱力。一気に足を床に落とします。

6.床に寝たままで、深呼吸をして、呼吸を整えます。
頭の血が下半身に向かいます。体が落ち着くまでの間、少しじっとしておきましょう。

※足を開いたりする際、痛みがある場合は痛みのないところでとめましょう。また、呼吸も途中で息をとめたりせず、無理せずできる姿勢・できる範囲で行いましょう。

骨盤矯正体操、ぜひやってみましょう。

スポンサードリンク

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2